太陽フレアとは何か。いつ地球に到達するのか。その影響は。

太陽フレアとは

太陽フレアとは

太陽の表面上には大量の高温のガスが存在しています。このガスが太陽の内部で起こっている核融合反応によって熱せられ、プラズマを作り出しています。そして強力な磁場を形成し、その磁場が複雑に絡み合って強力なエネルギーが放出され、太陽フレアとなります

なぜ話題になっているの

2024年5月2日から10日にかけて、アメリカのNASAが大量の太陽フレアを観測しています。(参考:NASAのSVS |2024年5月2日〜10日:フレアの忙しい一週間

太陽が活動期に入ったことが原因ですが、実は昨年ぐらいから大型の太陽フレアが頻発しているようです。

いつ地球に到達するの

地球から太陽は約1.5億キロ離れており、エネルギーの強い太陽フレアは数時間で地球に届くと言われていますが、1週間以上かかる場合もあるそうです。

太陽フレアの影響は

オーロラの観測も

太陽フレアが地球に到達し、地球の寒い地域では太陽風と相互作用することで、オーロラが観測されます。

日本でも北海道で観測できるかも、という報道もありました。

通信システムに影響

最初に説明したとおり、太陽フレアは大量の磁気を帯びた粒子ですので、その粒子が地球に届くことで、地球上で磁気や電磁波を利用した携帯電話やテレビなどの通信衛星サービスに影響を与える可能性があります。

電力供給システムにも影響が

電力供給にも影響が及ぶ場合があり、停電となる可能性もあります。停電に備えておくのもよいのかもしれません。

メキシコペソや南アフリカランドも!通貨ペアも充実の【DMM FX】!

コメント

タイトルとURLをコピーしました